終活のやり方|今から準備しておくこと

終活(しゅうかつ)とは、人生の最期を迎えるにあたり、相続や残された家族、またはお金のことなど、身の回りを整理する活動のことです。人生を振り返り、家族への想いを伝えたり、自分が生きてきた証をしっかりと後世に残したりするためにも、早めに終活を行うことをお勧めいたします終活はネガティブなことではなく、人生を統括するポジティブなものです。ぜひ、終活への準備を一緒に始めませんか。

 

今では、残された家族だけではなく、人生の振り返りや残りの人生をより良く生きるための活動として多くの人が活用しています。

 死を認識し、そのための準備をすることで今あるものの価値を改めて感じることができる。そういったことも多くの方が終活を行う要因となっているのではないでしょうか。


終活を行うことのメリットとして、 大きく3つあります。

 

1.残された家族を安心させられる

亡くなった後、残された家族には相続が発生します。ご自身の財産をしっかりと把握し、誰にどれだけの財産を相続するのかについて決めておくことは残された家族への大切な配慮です。元気なうちから終活を行っておけば、残された家族が相続で困らないようになるのではないでしょうか。

 

2.ご自身の想いを後世に残すことができる

口では言えなかったことも、終活をとおして文字に残すことで、後世に伝えていくことが可能になります。死を意識した時、今まで言うことができなかったことが出てくるかもしれませんし、言い残していたことも浮かんでくるかもしれません。

家族のためはもちろんのこと、ご自身の想いを後世に残すという意味でも、終活は大きなメリットといえるでしょう。

 

3.ご自身の人生を振り返ることができる

終活を行うことでご自身の想いを後世に残すと同時に、今までの人生を振り返る時間がつくれます。人生を統括するという意味でも終活は取り入れる価値があるはずです。これまでの人生でやり残してきたことを見つめ直すこともできますし、それらに着手するきっかけになります。

 


終活で行うべきことや準備するもの

エンディングノート

終活を行うことのメリットである『残された家族を安心させる』『自分の想いを後世に残す』『自分の人生を振り返る』といったことを行うためにエンディングノートを用意しましょう。エンディングノートは遺言書とは違い、法的な効力はありませんので、自由に作成することができます。

さまざまなエンディングノートが販売されていますが、当協会のエンディングノートは、何度でも書き方が相談ができる安心サービスが付いていていますのでお得ですよ。

 

相続財産の管理

終活を行う際には、相続財産の管理も大切です。まずは今ご自身が保有している財産について把握しましょう。ご自身が亡くなった後、家族がその書類の整理や活用に困ることのないように、現在有効となっている保険や年金を一覧としてまとめ、エンディングノートに記載しましょう。

 

遺産相続の配分を決めておく

所有する財産が把握できたら、それをどのような配分で相続するのかを決めておきましょう。被相続人の意思がない相続の場合、その取り分をめぐってトラブルに発展することも考えられます。

 

ただし、エンディングノートを遺言書として作成するわけではない場合には、この点は必須ではありません。また、このような財産の分配はエンディングノートという形で記載するより、きちんと遺言書の形で記載して残しておく方がトラブル回避の観点から適切と思われます。

 

したがって、エンディングノートを作成するにあたって、これを遺言書として記すのかどうかを明確にする、遺言書として記す場合は、遺言書の要式性を満たすものかどうか確認する、他に遺言書を作成する場合にはこれと齟齬が生じていないか気をつけるなどの点は注意しておきたいですね。

 

遺言書を書く

上記のとおり、相続財産の分配についてご自身の思いを確実に反映させたいのであれば、エンディングノートという形で雑多に記載するよりも、きちんとした遺言書を作成しましょう。自筆証書遺言はその名のとおり、すべてを自分で作成する遺言書のことです。書き方や用紙も自由なので、手軽に作成できる遺言書といえますね。

ただし、民法968条の規定を満たしていない場合、内容が無効となる可能性もあります。

【第九百六十八条】自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日 

         付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。  

 

お墓を決める

終活では、あらかじめご自身が入るお墓を決めておくことも大切です。本人の納得いくお墓を選ぶためだけでなく、残された家族への負担を減らしたいという思いから、亡くなる前から自分が入るお墓を決める方も多いようですね。

 なお、お墓を建てるためには通常2~3ヶ月はかかるといわれていますので、節目である四十九日に納骨を行うためにも、早めにお墓を決めておくことをおすすめいたします。

 

遺影用の写真を用意しておく

遺影写真とは、葬儀の際に祭壇に飾られる写真のことをいいます。終活をしていない場合、急な葬儀となると、遺族は遺影に使える写真を見つける余裕がないかもしれません。また、遺影として長く残すことのできるよい写真がない場合もあるでしょう。そういったことを避けるためにも、終活の際に遺影用写真を撮影しておくといいですね。

 

遺産を整理しておく

ご自身が亡くなってから遺族が遺産をまとめるのは、とても手間のかかることです。どんな財産が残されているのかやどこに保管されているのかなど本人にしかわからないこともあるでしょう。家族や遺族の負担を減らすためにも現金や預金、土地や不動産など財産や遺産の整理はやっておきましょう。円満でスムーズな相続のために、必ず遺産の整理も行ってください。

 

死後の手続きまで決めておくとベスト

相続人にとって、死後の手続きは初めての経験の場合が多いです。手続きに頭を抱えるケースも多いでしょう。ここまで書いてきたように、相続の問題やお墓の問題、または遺言書の活用など、慣れていないことの連続です。終活ではご自身を振り返ることだけでなく、死後の手続きまで決めておくとよいでしょう。

 


終活はポジティブなものです。準備は早めに行いましょう。

死を意識することはネガティブなことではありません。残された家族へ言い忘れた想いを伝えること、そして自分の人生を振り返ることのできる、とても良い時間になると思います。

 残された人生をより良く生きていくために、ぜひ終活をポジティブなものとしてとらえ、元気なうちにやっておくことをおすすめいたします。

 

私どもスタッフ一同 家族のような心のこもったサポートをいたします。


※勧誘・セールスのお電話・メールは全てお控えください。

「終活ジャパン協会」の類似名称を使用した機関、団体からの電話等にはご注意ください。そのような機関、団体については、「当協会」とは一切関係がありませんので、くれぐれもご注意願います。